2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2010.08.24 Tuesday

韓国映画「グッドモーニングプレジデント」

JUGEMテーマ:韓国映画全般


                                  

Iちゃんに招待券をいただいて今月の頭にシネマート新宿でで鑑賞しました。

2009年韓国公開
[監督・脚本]チャン・ジン
[出演]
イ・スンジェ<キム・ジョンホ:大統領>
チャン・ドンゴン<チャ・ジウク:後任大統領>
コ・ドゥシム<ハン・ギョンジャ:後任大統領>
イム・ハリョン<チェ・チャンミョン:ハン・ギョンジャの夫>
ハン・チェヨン<キム・イヨン:キム・ジョンホの娘>

イ・ムンス<チャン・ギス料理長>
チュ・ジンモ<警護室長>
キム・グァンヒョン<警護次長>

チョン・ヤンジャ<キム・ジョンホ夫人>
チョン・ギュス<キム・ジョンホ秘書室長>

イ・ヘヨン<ムン・ヨンチョル:チャ・ジウク秘書室長>
パク・ヘイル<青年 キム・ジュジュン>


「シネマート新宿」で初めて映画をみましたが、新宿三丁目の駅からすぐだし
座席もゆったりスクリーンも大きくなかなか良かった〜〜。
あはっ「韓流シネマフェスティバル」見てないのがバレバレですね〜
ここのところずっと開催場所はココ?!
(現在開催中!)

さてさて映画の話
ストーリーは三代の大統領の物語。

一国の大統領ですから、三者ともお仕事はスマートにこなします。
でも、わりきれないこともあるんですよね。

キム・ジョンホ大統領は、仕事の一環で購入した宝くじ当選のエピソードを中心に・・・

チャ・ジウク大統領は、青年に懇願された父への腎臓移植のエピソードを中心に・・・

ハン・ギョンジャ大統領は、夫との関係性、夫の土地購入での問題を中心に・・・

三人とも料理長と話すことで次に進むべき道へのヒントを得て解決していくのです。

それぞれに大統領としての魅力も人間的な魅力も描かれているんです。
三者それぞれの物語でありながら関連性もある。
どちらかというとクスッと笑える話なんだけれど
見終わってすご〜く爽やかな気分になれました。

一服の清涼剤的な映画です。
もう少し上映されるようですので、お時間があったらぜひ見てみてください〜〜〜。

続きを読む >>

2010.06.06 Sunday

韓国映画「待ちくたびれて」

JUGEMテーマ:韓国映画全般
2007年
[監督]リュ・スンジン
[出演]ソン・テヨン<キム・ヒョンジュン(理学療法士>
    チャン・グンソク<パク・ウォンジェ(大学生)>
    チャン・ヒジン<ナム・ボラム(キーボード)>
    デニー・アン<ソ・ミンチョル(ギター)>
    ユ・イニョン<カン・ジナ(大学生)>
    キム・サノ<チョン・ウンソク(大学生)>
    ハン・ヨルム<チョ・ビアン(高校生)>
    ウ・スンミン<ホ・ウク(ウェイター)>
    ソ・ミヌ<ソン・ホシン(ビアンのボーイフレンド>
    チョン・ミンソン<ク・ヒョンジュン(ヒョンジュンの同僚)>
    イ・ヨンジン<ホン・ハンナ(ボーカル)>
    クォン・ジニョン<キョンスク(ジナの友人)>

恋人が兵役についている間の4組のカップルのお話。
☆年齢差のある理学療法士と大学生
☆キャンパスカップルとその友人
☆バンドメンバーに片思い
☆いけいけ高校生とウェイター

それぞれにそれぞれの行く末があるのだけれど
恋人が兵役にいって別れるという話を良く聞くのだけれど
あぁ〜こんな感じなんだろうなぁ〜って韓国の若者たちの現状をかまみたような感覚でした。

年齢差のカップルの男を演じているのは、「ベートーベンウィルス」のカン・ゴヌことチャン・グンソク
キャンパスカップルの女は「憎くても可愛くても」でアヒル口が気になったボン・スアことユ・イニョン
片思いしている女の子ボラムを演じるチャン・ヒジンはどっかでみたことあると思ったら、「乾パン先生とこんぺいとう」に出てたのねぇ〜〜

なぁんておもいつつ・・・
男性側は一途に恋人に待ってもらうことを願っているのだが
女性側はさまざま
年齢差を考えて心を決めかねてたり
一途なはずが寂しくてずっと思ってくれる友人に揺れてしまったり
彼女のほうが冷めている様子に片思いの自分の思いをぶつけてみたり
最初から違う人に乗り換えるつもりだったり・・・

うそかまことかは別として
まぁそれぞれに心の葛藤があり
二年の月日は流れていくのでありました。

み〜んなしあわせになってね〜〜〜

とアジュンマはほほえましく思いましたです。

一番すきなのはボランでした

2010.04.10 Saturday

韓国映画「渇き」

JUGEMテーマ:韓国映画全般

新宿武蔵野館にて鑑賞

 2009年制作
韓国封切2009年/日本封切2010年
監督:パク・チャヌク
出演:ソン・ガンホ<ヒョン・サンヒョン神父>
    キイム・オクビン<テジュ/イ・ガンウの妻>
    シン・ハギュン<イ・ガンウ/テジュの夫>
    パク・イナン<老神父>
    キム・ヘスク<ラ女史/テジュの姑>
    ソン・ヨンチャン<ダム警備課長>
    オ・ダルス<ダム環境課長>
  
久々に映画館で韓国映画を観てまいりました。
パク・チャヌク監督の8作目です。(6作も見てる自分にビックリ)

ソン・ガンホ出演作もこれで12作品観たことになりました!!
一番好きなのは「反則王」かな?

「美しき日々」のミンチョルに夢中になり李炳憲のファンになった当時
これほどに韓国映画の魅力にとりつかれるとは思いもしませんでした!

この映画を簡単にいうならば
『伝染病の研究のために身を投げ出した神父がバンパイアになってしまい
そのため神父としての自分と、バンパイアとしての欲望との葛藤が描かれている。』
って感じでしょうか?

平日昼間&上映期間も終了間近ということもあり、映画館がらすきでしたが
ま〜あんなもんかな・・・
帰りのエレベーターで一緒になったおじちゃんに話しかけられちゃいました。
おじちゃんが感想に発した一言がすごく万人受けするものだったのですが
その語句を忘れちゃったんですよね〜〜
(グロテスク?残忍?気持ち悪い?ああああ・・思い出したら追記します。)
それに対してわたくしは「難しい映画」と答え
ちょっとだけ会話させていただきました。

で、共通した意見は
イロイロなことを盛り込みすぎていて
一貫性に乏しい
なかなかわかりにくい映画だ〜〜
ということでした。

おじちゃんは神父が血を飲むというのがどうも理解に苦しむと言っておりましたが
ん〜〜それはさ〜神父の葛藤が描かれていて一番わかりやすい表現だと思ったんだけどな〜〜
テジュの役割がわたしゃど〜も理解に苦しむんだけどね〜〜

ってことで以下はネタバレありの思いつくままの感想です。

続きを読む >>

2009.08.15 Saturday

韓国映画「Sダイアリー」

Amazonおすすめ度:
ラスト1分間の大逆転!
見終わった後はほのぼの気分でした
面白いです!

DVDにて鑑賞

JUGEMテーマ:韓国映画全般

2004年
脚本:パク・ソンギョン、クォン・ジョングァン
監督:クォン・ジョングァン
出演:キム・ソナ<ナ・ジニ>
    イ・ヒョヌ<クヒョン>
    キム・スロ<イ・チョンソク>
    コン・ユ<ユイン>
    ナ・ムニ<ジニの母>
    キム・ミギョン<ユインの母>
特別出演:チャンヒョク<イム・チャン>

ネタバレしてます!

ジニは恋人チャンに一周年記念の日にふられる。
それも「今までの恋人に本当に愛されていたのか、本人に確認してこい!」
というひどい言葉をあびせられて・・・。

ジニはその言葉を聞いて
恋するたびにつけていた日記帳を屋根裏部屋から出してきて
読み返してみた。
最初の日記帳は、母から恋を綴るようにとプレゼントされたものだ。

聖歌隊の指揮者クヒョンとの初恋、彼は留学し神父になった。
大学でであったチョンソク先輩は、卒業し警察官になって見合いしたあいてとあっさり結婚してしまった。
ユインとは街で出会い、刺激的な毎日を送っていたが無理していることに気づき自ら身を引いたのだった。

思い出にひたったあと、彼らに会いに行くとケンモホロロ・・・
ダイアリーに綴られていた美しい思い出は砕け散ったのだ。

あまりの扱いに
ジニは日記から請求書をつくり彼らに送りつける。
相手にせず支払おうとしない彼ら
支払わざるをえない状況に追い込むべく細工をするジニ

勝利はジニの手に!
大金を手にしたジニは
そのお金を何に使おうか考えているうちに
と〜っても哀しくなっちゃっうのです。

で・・・
気づくのです。
思い出は共有財産。
彼らにお金を返却し、美しい思い出だったことを彼らも気づくのです。

**

とっても不思議な映画でした。
昔の彼氏に会いにいったり、お金を要求するということはないにしても
まぁ失恋したおなごがよくやる過去の思い出への旅・・・
一番近いうしなった恋については美しい思い出になるには時間がかかるだろうけれど
時間がたったものはみな美しい思い出として残したいものですよね〜。

そ〜れにしても体当たりな演技です。キム・ソナさん。
だんだん細くなって、相手がコン・ユだったときは
相当スタイルよくなってませんでしたか??

私的には、最後の最後の男性側の思い出のシーンが
すごくよかったで〜す。


さぁこれからジニは自分が自分でいられる相手にめぐりあえるでしょうか?
ふられたチャンとよりを戻すのかと思ったけれど
違ったわ・・・


 

2009.04.19 Sunday

韓国映画「甘く、殺伐とした恋人」

Amazonおすすめ度:
チェ・ガンヒが憎めない子悪魔を怪演
なかなか悪くないですよ

2006年
監督:ソン・ジェゴン
出演:パク・ヨンウ<ファン・デウ>
    チェ・ガンヒ<イ・ミナ/イ・ミジャ>
    チョ・ウンジ<ペク・チャンミ>
    チョン・ギョンホ<ケドン>
    イ・ヒド<弁護士>
    チョ・ヨンギュ<ソンシク>
    ソン・ウソン<チョンファ> 

なんたる映画なんだ〜〜〜\(◎o◎)/!
とっても不思議な映画です。

いやぁ〜鑑賞している映画が極端に韓国映画に偏っている私は
こういうジャンルが日本映画にあるのか
はたまた欧州ものにあるのか米国ものにあるのか
わからないのですが

見ているときも
見終わった後も
????
って思ってしまったのでした。


素直に思ったことは
オトコって単純なのね〜〜
ってこと


ちょっと神秘のベールに包まれていて
容姿が上クラスで
自分のことをまっすぐ見つめてくれていれば
コロッと心許しちゃうんだからサ(
`×´) プンプン!!

って私は何を怒ってるんだ(⌒▽⌒)アハハ!

でもさ
女性の好みのことで
血液型占いとか星座占いとかそういうのを信じる女は云々〜〜
って御託を並べていたテウも
結局はDEEP (* ̄(^ *) KISS!でメロメロ

最後には「一人だったら許そうと思ってた・・・」
ってあなた
ありえねぇ〜〜〜〜〜〜

それにしても
そういうつもりはなかった弾みで・・
ってお三人さんを手にかけたミナって
すごすぎるわ〜〜
でもってそのすごさに女友達チャンミもすっかり取り付かれちゃってるし・・・

いや〜題材もストーリーもありえないし
あってはいけないし
すごすぎるんだけれど
そのわりに
らく〜〜な気持ちで見られる映画でございました。

不謹慎だけれどミナみたいな人生も
イイカモ・・・なぁんて思っちゃった私なのでした。

2009.04.19 Sunday

韓国映画「卑劣な街」

Amazonおすすめ度:
祝☆主演男優賞☆
“悪人”といわれる“善人”,“善人” といわれる“悪人”

2006年
監督:ユ・ハ
出演:チョ・インソン<キム・ビョンド>
    チョン・ホジン<ファン・ミョングン 会長>
    ナムグン・ミン<キム・ミノ 映画監督>
    イ・ボヨン<カン・ホンジュ ビョンドの同窓生>
    チング<チョンス ビョンドの手下>
    ユン・ジェムン<ノ・サンチョル>
    

チョ・インソン君が主演のヤクザ キム・ビョンドを演じる映画です。

ビョンドは
29歳の子分はいるが兄貴分にはあまり目をかけてもらえずにいる
うだつの上がらないヤクザ。

同窓生の映画監督ミノがヤクザ映画を撮影するにあたり
取材を申し込んできた。
初恋のカン・ホンジュともミノを介して再会する。

そのあたりからビョンドのヤクザ道が
どうにはいってくるというか
その道に疎い私からすると
悪の道にどっぷりはまりはじめる。

兄貴分を出し抜き
人をひとりあやめる

もちろんその見返りはあるが
敵もふえるわけで・・・

どのヤクザさんも
身内は可愛く
ウラで非道なことをしていても
かたぎの暮らしを身内にはさせているような・・・・

ビョンドも自分の手を汚すことで
子分と身内の生活の保障を得る

が・・・
苦悩があり
ミノに話してしまうことで破綻が生じる
自分の失敗の落とし前のつけかたがまずかったのか
はたまた
まわりの人物の見極め方がまずかったのか

最後には
この世への存在さえ許されない
ということとなる

いやぁ〜おそろしや・・・・

これって韓国でヒットしたとか???
うへぇ〜〜〜〜〜
って思った私です。

まぁね〜〜
見ながら思ったのですが
誰かのため
ってのはダメですね〜〜やっぱり・・・
「自分」ってのをキチンともってないと
判断あやまります。

表現難しいですが、エゴがすぎるとサンチョルのようになるし
慈悲?に偏るとビョンドのようになる

これってカタギの世界というか
身近にもあるような気がする私なのでした(-o-;

血しぶきがとんだり刃物が出てきたりはしないですが
社会の縮図ってとこですかねぇ〜〜〜〜

ちょっと人間関係悩んでる私としては
考えさせられましたです
ハイ

しっかし一番やっちゃいけないことは
友情を裏切ることですね・・
それも自分のために
一番の悪人はミノってことでしょうか?

2009.04.15 Wednesday

韓国映画「ミスター・ロビンの口説き方」

Amazonおすすめ度:
ダニエル・ヘニーファンなら必見です
これって続くのかな

2006年
監督:キム・サンウ
出演:オム・ジョンファ<キム・ミンジュン>
    ダニエル・ヘニー<ロビン・ヘイドン>
    ムンス<ジュニョン>
    夏木陽介<前田産業 会長>


かる〜く見ることのできるロマンティックコメディーって感じです。

いろいろと突っ込みどころ満載ではありますが
オム・ジョンファのコケティッシュな魅力と
ダニエル・ヘニーのちょっと陰のあるセレブなハンサムの
やり取りが一番の見所かな〜〜

『切ない気持ち』ってのを疑似体験するには
もってこい
って映画でございます。

矛盾点を頭の片隅で指摘しながら
ジ〜〜ンってしてしまったのでした(^^ゞ

自分の気持ちに気づかなかったり
気づいても相手のことを考えすぎて
抑えたり
過去のトラウマが頭をよぎり
素直になれない

嘘をとおしきれなかったり
本音を隠すから益々言葉が伝わらなかったり

そ〜んなところがツボだったのでした。


で〜つっこみどころはね〜〜〜

英語と韓国語との会話って???
ロビンがミンジュンに一目ぼれって???
おじいさんが生涯を捧げた企業を買収して名前をかえるって???
それを相手の会長が納得って???

初恋の相手を追いすぎてピストルで撃たれたって???


結構もりだくさんの内容なので
突っ込みどころがたくさんあるのですが
ミンジュンって何歳のせっていなのかな?
ロビンより10歳くらい上のような???
個人的にはこの二人のペアはちょっと違和感ありました。

まぁアジュンマとしては満足だけど(-^▽^-) オーホッホ



その余計な気遣いと優柔不断なところが恋愛も仕事もダメにする

あいたたた・・・
この一言、もっと若かりし頃にききたかったです(ノ◇≦。) ビェーン!!



2009.03.25 Wednesday

韓国映画「愛なんていらない」

Amazonおすすめ度:
美しい映像と残酷な結末
焦らないで! ムン・グニョンちゃん。
愛なんていらねえよ、夏のリメイク

2006年
監督:イ・チョラ
出演:キム・ジュヒョク<ジュリアン>ホスト
    ムン・グニョン<リュ・ミン>
    ト・ジウォン<イ先生>家庭教師
    イ・ギヨン<クァンス>
    チング<キム・テホ ミッキー>ホスト
    チョ・サンゴン<弁護士>
    チェ・ソンホ<オ代表>ミンの婚約者
 
日本のTBS連続テレビドラマ「愛なんていらねよ、夏」<2002年7月から9月の「金曜ドラマ」(全10話)>のリメイク<主演:渡部篤郎、広末涼子>

No.1ホストであったジュリアンはトラブルで逮捕されていた。
出所した彼を待ち受けていたものは運転手をしていた後輩の死と多額の借金だった。
そこへ16年間行方不明だった後輩を探す資産家の妹ミンのことを知り
後輩になりすまし遺産を譲り受け借金を返そうともくろむ。


「プラハの恋人」のキム・ジュヒョクが結構好きでした。
ホストという全然違う役柄なのですが、顔立ちとか ふとした表情とかやっぱり好感が持てます。
ムン・グニョンちゃんは相変わらずかわいらしい。
盲目でヒネクレた女の子役ですが、憎めませんでした。

さてさてミンをだましていくジュリアンが悪者に徹し切れない姿
まわりの人達を心の底から信じ切れないミンのジュリアンを信頼していく過程
そんなところが見所だと思います。

「愛」ってなんでしょうね?
ミンのことを考えて行動したとはいえ
ウラの社会にも誠実であるべきだったジュリアンの結末は
衝撃的ではありましたがさもありなん・・・・・
本当にミンのためになったのかどうか
私にはわかりません。

後味微妙ですが
なんとも心の中に火種を残すような映画でした。

2009.03.07 Saturday

韓国映画「ノートに眠った願いごと」ディレクターズ・カット版

Amazonおすすめ度:
ふたりはこれからどうなるの?
至福のラブストーリーです
絶対欲しい!

気になっていて見たいと思っていた映画だったのですが、チャンスを逸してしまっていました。
 WOWOWで放送されたものをみました。
録画してくれてありがとうございます。Jさん!

2006年
脚本:チャン・ミンソク
監督:キム・デスン
出演:ユ・ジテ<チェ・ヒョヌ>検事
    キム・ジス<ソン・ミンジュ>放送局PD
    オム・ジウォン<ユン・セジン>
    チェ・ジョンウォン<ミンジュの父>
    パク・スンテ<ミンジュの母>

チェ・ヒョヌとソン・ミンジュは挙式をひと月後にひかえ
一緒にデパートで買い物する約束をする。
司法修習生のヒョヌの時間がうまくとれず、暑い夏の日だったのでデパートで待つようにミンジュを説得し、地下のコーヒーショップで待ち合わせをするのだ。

ところが時間に行くとデパートは無残にもヒョヌの目の前で崩れ落ちる。

ミンジュは助からず弁護士志望だったヒョヌは数年後に表情のいつも固い検事になっていた。

とある事件で責められるヒョヌをTV画面で観たミンジュノ父と母は、ミンジュの残したノートをヒョヌに渡すのだ。

そこからヒョヌのノートとの旅が始まる。。。。。



最愛の人を一番幸せなときになくしたら
これから幸せになるはずの娘を突然理不尽な事故でなくしたら

心の傷はどれほどのものだろう
どのくらいたったら
どのような手当てをしたらよいのだろうか・・・

この映画のようなことはダレにでも起こることではないし
ノートのようなものがあるわけでもなく
同じということはありえないけれど

過去のミンジュがなくなったところに留まっていた皆の心の時計の針が
ノートと一緒に旅することで静かにまた動き出すのだ。

続きを読む >>

2009.01.15 Thursday

韓国映画「ピアノを弾く大統領」


¥ 3,400
Amazonおすすめ度:
安 聖基サイコー
大人のラブコメ
微妙
2008年2月視聴 

2002年
監督:チョン・マンベ
出演:アン・ソンギ<ハン・ミヌク 大統領>
    チェ・ジウ<チェ・ウンス 教師>
    イム・スジョン<ハン・ヨンヒ ミヌクの娘>

かる〜くみれました。

大統領は韓国俳優といえばこのひとというアン・ソンギが演じ
相手役は冬ソナのユジンことチェ・ジウ

ピアノを弾いて
おしのびで
いろいろなところに出没し
庶民の生活を身をもって実感するという
大人気の大統領が
問題児の娘ヨンヒの新任の担任と恋をするのだ。

ウンスはヨンヒのことを注意し
親である大統領にも物怖じせずにものを言う!

大統領はびっくりしつつも
話をしてみるとウンスとはとっても気が合う
 
ず〜っと二人でいたい
なぁんて感じ

でもスクープされてしまうのです。
 
大統領は政治家だから・・・ 先生は左遷だよね〜

ウンスは、過去のことや性転換した同居人のことを
あれやこれやと騒ぎ立てられてしまうのだ。
でも 彼女は誰をも恨まず全部を自分のせいにして
田舎の学校へ赴任していく のだ。

大統領の娘も 大統領も
彼女に心から惹かれているのにね!



まあハッピーエンドなんだけど・・・
どうやってって
きっかけは「夢」が題材の子どもの絵のコンクール

一人の男の子が大統領になるのが夢で
正直で〜〜〜〜〜

なぁんていうフレーズに大統領は考えさせられ
「ピアノを弾くのはイメージ作りのためです。
彼女のことは本当は好きです。
だから、とりかえします」
なんて記者会見で発表して
めでたしめでたし〜〜なのでした



単純に面白かった

でもホロリとしちゃったな!
恋なんて
なにがどうして始まるのやら
わからん

立場があるからこそ切ないんじゃないのかなぁ〜〜 

って思ったのでした。

calendar

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other