2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2011.01.31 Monday

韓国ドラマ「善徳女王」全62話

 BSフジにて毎週一話ずつ視聴していたのですが
とうとう終わってしまいました。

全62話…ということは一年以上にわたり視聴していたことになります。
ドラマは善徳女王が生まれる前の新羅の話から始まります。
ミシルは最初から登場しており
誕生したトンマンは運命にあやつられますが
ミシルが牛耳る王室へと戻ってくることになるのです。

トンマンが外の世界でつちかってきた知識や機転の良さ
そんなものがやがてミシルとの対決に役立ちます。

トンマンの成長物語という視点からも
ドラマが進んで、次はどうなるのかと展開が楽しみでした。

特に、ミシルとトンマンの頭脳戦のあたりは目が離せませんでした。

また、ところどころにロマンスも盛り込まれていまして…
ちょっと胸キュンだったり切なくなったり…

途中ピダム役セクシー俳優キム・ナムギルに悩殺されそうになりながらも
(いまは兵役ですね〜 ドラマ「赤と黒」がNHKで放映予定です)
わたしってばオム・テウンの出ているドラマが好きよね〜〜不思議・・なぁんて思いながら最終回を迎えました。

【主な登場人物/出演者】
トンマン(徳曼)、善徳女王<新羅の姫、新羅27代王>/イ・ヨンウォン
ミシル(美室)<宮殿を支配する宮主>/コ・ヒョンジョン
チョンミョン(天明)<トンマンの双子の姉>/パク・イェジン
キム・ユシン<トンマンの右腕、復耶人>/オム・テウン
ピダム<ミシルの捨て子、父は真智王>/キム・ナムギル
ムンノ(文努)<国仙(ククソン)、花郎の総指揮者>/チョン・ホビン
ソファ(昭火)<トンマンの養母、ペクチョンの侍女>/ソ・ヨンヒ
チルスク<ミシルの護衛兵>/アン・ギルガン
真平王<トンマンの父、新羅第26代王>/チョ・ミンギ
摩耶夫人<トンマンの母>/ユン・ユソン
キム・チュンチュ(太宗武烈王)<チョンミョンの息子、第29代王>/ユ・スンホ
ウルチェ(乙祭)<真平王の忠臣>/シン・グ
ソルォン(薜原)<ミシルの情夫、花郎、9代目風月主>/チョン・ノミン
セジョン(世宗)<ミシルの夫、6代目風月主>/トッコ・ヨンジェ
ミセン(美生)<ミシルの弟、10代目風月主>/チョン・ウンイン
ホジョン(宝宗)<ミシルの息子、父はソルォン>/ペク・トビン
ハジョン(夏宗)<ミシルの息子、父はセジョン>/キム・ジョンヒョン
キム・ヨンチュン(金龍春)<キム・ヨンスの弟、真智王の二男>
チュクパン(竹方)<花郎、トンマンの腹心、偽僧侶>/イ・ムンシク
コド(高島)<花郎、チュクパンの弟分>/リュダン
キム・ソヒョン<キム・ユシンの父>/チョン・ソンモ
マンニョン夫人<キム・ユシンの母>/イム・イェジン
ソリ(誓理)<上神官>/ソン・オクスク
ウォルヤ(月夜)<復耶会(伽耶復興勢力)の首領/チョン・ホグン
ソルチ(雪地)<ウォルヤの右腕、伽耶移民の首領
クドン<ウォルヤの部下>/イ・ジュンムン
アルチョン<徐羅伐10花郎、飛天之徒の長>/イ・スンヒョ
ヨムジョン(廉宗)<商人>/オム・ヒョソプ

トンマンの少女時代/ナム・ジヒョン
ミシルの少女時代/ユイ
チョンミョンの少女時代/シン・セギョン

*******

悪役という役回りのミシルですが
野心家であり ことを成し遂げるためには血も涙もなく
みなに恐れられていますが
なぜそうなったのか・・

興味深い人物です。

そして正義をつらぬき自分で最後も決めます。

トンマンもユシンも自分というものを持っていて
そういう人は強い!

それが「正義」というものなのかな・・

対するピダム
運命に翻弄され
自分で自分に負けてしまいます。

ピダムがとても魅力的だったのは
トンマンが王になる過程・・・
王になってからのピダムはど〜も好きになれませんでした。

善徳女王の政治には「信頼」という言葉が似つかわしい。
ピダムに一番なかったものでしたね。

とにかく伏線があって
なるほど〜〜と 途中でなっとくしたり
??って思っていたものが やがてわかったりと
そんなドラマでした。

もう一度今度は吹き替えでなくノーカットで見てみたい気持ちはありますが
62話だからなぁ〜〜〜

とにかくとっても楽しませていただきました!!

終わってから「善徳女王」を二倍楽しむ! なぁんていうサイトがあることを知りまして
読みふけってしまいました。
こちらもとても興味深い・・・

いや〜「朱蒙」が終わり「善徳女王」が終わり
次は「イ・サン」が終わりますね〜〜

ちょっと脱力感ただようこの頃です。





2010.07.06 Tuesday

韓国ドラマ「スクリーン」【ノーカット版】全18話

Amazonおすすめ度:
サクセスラブストーリーです
おー!キム・テヒ若っかい!

 BS11のノーカット版を視聴していました。(サイト

2003年SBS
<キャスト>
キム・ソヒョン(キム・ジョンウ監督の一人娘)<キム・テヒ>
カン・ジュンピョ(オ監督の助監督)<コン・ユ>
パク・テヨン(セガボックス企画室長/パク会長の息子)<パク・ジョンチョル>
ソン・ユラ(ソヒョンの幼馴染/セガボックス企画室チーフ)<オ・スンヒョン>
キム・ジョンウ監督<カン・ソグ>
キョンア(ソヒョンの親友)<キム・ジウ>
オ監督(ソヒョンの恩師)<パク・ヒョンジュン>
ジュヨン(セガボックス理事/テヨン姉)<チョン・ミソン>

演出 イ・スンニョル/ 脚本 イム・チェジョン

7年前の作品で、キム・テヒのデビュー作。
それほどの名作というわけではないけれど、コン・ユ人気で陽の目を見た作品のようです。
ストーリー的には王道ってところですが、悪くないです。
なっかなか楽しめました。

天才映画監督キム・ジョンウの成功を阻むためにパク会長が細工をし
本意ではなかったがそれが元でキム・ジョンウ監督は焼死しし、一人娘のソヒョンは天涯孤独になってしまう。
ソヒョンはずっと父を目指して努力してきたが、脚本家への道は険しく第一歩としてセガボックスのアルバイトとして働き始める。
その映画会社には
幼馴染ユラが企画室チーフ
ホテル勤務時代に顔見知りとなったテヨンが企画室長
親友キョンアの斡旋で住むことになった家で同居する羽目になるジュンピョが映画監督オ先生の助手で・・・。

ソヒョンのことが気になるテヨン企画室長は、彼女の仕事への情熱、才能をかって、企画室長命であっという間に企画室に勤務

出会いは最悪だったソヒョンとジュンピョだが、お互いの誤解がとけ、キム・ジョンウ監督の大ファンだったことから仲の良い同居人となる。

ユラは幼い頃から才能あふれる父をもつソヒョンへの嫉妬などなどから彼女の成功を素直に喜べない。
そんなユラが繰り出す意地悪や妨害の数々・・・・
ジュンピョと仲良くなることへの嫉妬からのちょっとした嫌がらせとか
ソヒョンのアイディア横取りとか
ついには盗作捏造とか・・・

そんなこんなの人間模様ですな〜〜
テヨンの父がソヒョンの母が好きだったみたいなくだりもあったけれど
まっ人の嫉妬心ってのはどこからわくのか微妙ですなぁ〜〜〜。

最終的にはハッピーエンド?って感じに
ソヒョン脚本の映画はオ監督が
キム・ジョンウ監督の未完成の映画は脚本&監督をジュンピョが
セガボックスで作成する〜〜
めでたしめでたしぃ〜〜〜って

まぁ文章に書いちゃうとこんな感じですが
途中の微妙な駆け引きが面白かったですわ。

一番は
ユラや〜〜あなた十分成功していて、才能にあふれてるんだから
そんなにソヒョンを目の敵にする必要全然ないですから〜〜〜ってことですね。
そんな暇あったら、あなた自分のことしなさい・・って
ま〜人間そんなもんかなぁ〜〜ってね・・・

あと切なかったのは
テヨンの家族関係ですね〜〜。
パク会長が倒れたあと病院でソヒョンに言ったセリフ
「息子は私と関係ないと思ってくれ〜〜〜〜」
ってところがよかったですわ。

ういういしいキム・テヒちゃんと
十分に演技力も男らしさも備えているコン・ユくんが
た〜っぷり楽しめます。

アジュンマはテヒちゃんの歯が気になってしょうがなかったけれど
そういうことを差し引いても
良いほうのドラマって思います。

どろっどろしてないのが良かったで〜〜す。

2009.10.01 Thursday

韓国ドラマ「青春の罠」全24話

Amazonおすすめ度:
シム・ウナの代表作
沈銀河ファン待望のリリース

JUGEMテーマ:韓国ドラマ

第一話をみて、シム・ウナは出ているし随分と古いドラマを放映しているものだなぁ〜って思ったら、1999年SBSドラマで、1978年MBCドラマのリバイバル版だそうです。(1978年版がかなりの評判だったようで、映画化もされているようです。)

最近うたい文句の放映時の高視聴率ってこれだけ昔のものだとあてにならないということはわかっていたのですが、好きな女優さんのシム・ウナ主演ということと、ただ耐えるだけでなく復讐もするということを知り、見てみたのでした。

結果〜〜
私的には、と〜っても楽しめました。
単純にいってしまえば、守るべき愛を裏切った男と献身的な愛を裏切られた女の行く末なんですけれど、そこに絡まるお金の問題、いろいろな愛の形などなどが非常に興味深かったのです。

私の男と女で、やさしい友人だったひとだ!(若いときはやせててイイ男!)
あっプヨのクムワ王だ!(笑い方が一緒だ・・・現代劇だと嫌味な感じ)
なんていう出演者に対する別の楽しみも味わいながら見ちゃったりして・・・

BS11のサイトによると来週の水曜日から再放送がはじまるそうなので
もしよろしかったらどうぞ〜


って肝心の感想をネタバレありありで・・・

続きを読む >>

2009.07.28 Tuesday

韓国ドラマ「銭の戦争 ボーナスラウンド」

Amazonおすすめ度:
期待した以上に面白い!

JUGEMテーマ:韓国ドラマ

韓国ドラマ「銭の戦争」の番外編が4話あって
それぞれに「因果応報」、「進退両難」、「呉越同舟」、「殺身成仁」と副題がついているそうですけれど・・・
なぁんかBSで放送されたときもそうだったそうですがDVDも5話に編集されています。

ドラマ本編の前半部分でクム・ナラが債務者が借金返済できるようにユニークな方法を提示していましたがその部分を膨らませ、女性関連についてはあっさりと、友情や義理という部分に重きをおいています。

本編の主題であったお金の魔力に対峙する精神的な修行という主題とは趣がことなり
勧善懲悪の要素が多くを占め、アクションもくわわり
よりエンターテイメント的になっています。

美人局にはジゴロ作戦で、儲け話には儲け話で、海外資本投入には持ち逃げネタで解決!

だましたらいけないよ〜〜
真面目に正直に生きろよ〜〜
というようなメッセージがストレートに盛り込まれてる??

登場人物の名前&俳優や事務所などは本編と同じではありますが
設定は違います。
本編ではクム・ナラはエリートで、適役のハ・ウソンは施設育ちということでしたが
ボーナスラウンドではクム・ナラは両親が早死にし学歴はあまりたかくなく、ハ・ウソンはエリートだという設定でした。

金融業という設定や懐かしいエピソードがありますが
本編とボーナスラウンドとは全く違うドラマです。

どちらが好きかはお好み?
いや・・
ボーナスラウンドのほうが評判が高いようです。


が、
残念ながら私は人間の心の奥底にある弱さみたいなものを抉り出すような部分のあった
本編のほうが好きでした。


先日うん十年以上のつきあいのある学生時代の仲間たちと納涼会をしたときに
おまえは前から常識がない・・・とかなんとか言われたので
やっぱり人と感覚が違ってるのかなぁ〜〜
などと思ったのでした(^^ゞ

2009.06.23 Tuesday

韓国ドラマ「銭の戦争」全20話

Amazonおすすめ度:
社会的弱者のお金への渇望だからこのタイトルなのか?
16話が20話に・・・
社会派エンターテーメントドラマの傑作

 2007年5月〜7月に韓国で放送され
視聴率37%を記録したドラマです。

公式サイトはココ

BS朝日で視聴しました。

ソウル大を出てエリート証券マンのクム・ナラは美人でお金持ちの婚約者と
妹の結婚式に参列する予定だったが
父が悪徳金融業者から借金したために
式は滅茶苦茶に・・・・

母の手術費用も借金返済にもっていかれてしまい
父は自殺

借金のせいで会社もクビになり 再就職先もなく、ついには路上生活者となる。

が・・・
一念発起してお金儲けのために町で金融業を営むトクゴ・チョルに弟子入りする。

トクゴ・チョルにお金の稼ぎ方などの教えをこいながら
指定された悪徳金融業者のマ・ドンポ社長のもとで実践しながら学んでいく・・・・

マ社長の強引なやり方でなく
アイディア満載のユニークなやり方で借金のとりたてをしていくので
取立てやではあっても嫌な感じがしなくて良いし

人づきあいの仕方にも通ずるものがあったりして
妙に納得したりする部分もありました。

でも
相変わらず家族の借金の返済は終わっていなくて
クム・ナラ自身も逃げ隠れし
妹家族もひどい目にあい
ドラマとしては面白いけれど
ちょぴり胸が痛い序盤でした。

途中からは
元婚約者イ・チャヨンとの確執や
恩師の娘ソ・ジュヒとの掛け合いの面白さや
マ社長のお金に対する執着やその所持金のこと
などで
目が離せなくなって

みんな不幸のどん底に落ちていくように見えて
いったいどうなっちゃうんだろ〜〜
って感じでした。

終盤は
お金への執着から超越したクム・ナラの颯爽とした姿と
対照的なハ・ウソンの姿が見られます。

そのやり方きたないぞ〜〜とか
えっ違法じゃない?とか
こ〜んなにうまく言って良いのか??
なんて思いつつ

正義は勝つ

という結末かと思いきや

ハァ????
えっ!!!!!
という終わり方でした。

最後まであきさせない展開でしたが
あのラストは
あれでいいのかな??

なんだか番外編があるようなのですが
放送されないかなぁ〜〜〜

(以下 思いつくまま)

続きを読む >>

2009.05.24 Sunday

韓国ドラマ「銭の戦争」を見始めました!

Amazonおすすめ度:
社会的弱者のお金への渇望だからこのタイトルなのか?
16話が20話に・・・
社会派エンターテーメントドラマの傑作

2007年5月〜7月に韓国で放送され
視聴率37%を記録したドラマです。

BS11開局記念ドラマとして既に放送されていますが
今回はBS朝日で韓流モーニングとして
月〜金の9時から枠で放送開始です。(サイト

先々週の金曜日
5月15日から始まっているので
6話まで見ました。

最初は
借金のお話だし
出だしから脅しや暴力や
救いようのない負のスパイラルやらで
見続けることができるのかなぁ〜
って思いましたが

人情味あふれる金貸しのトクゴ・チョル(シン・グ)の魅力
軽快なテーマミュージック
パク・シニャン演じるクム・ナラのなんとも奇想天外な借金取立て法

なんだか次はどうなるんだろう〜〜と
ドキドキハラハラしながらも
きっとクム・ナラが爽快な解決策を用意してくれるに違いない〜〜
なんて
楽しみに見ています。



2009.01.15 Thursday

韓国ドラマ「18歳 29歳」

かれこれ一年前見たドラマです。

タイトルは「18歳29歳」
 http://www.bunkakorea.com/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=drama&wr_id=74


高校の同窓生だった夫婦が主人公。

夫は人気俳優。現在は29歳。

お互い愛し合って結婚したhずなのに
夫婦として生活しているうちに
いろいろなことが積み重なって
わかれましょう〜〜なんて話になっていて・・・
その離婚届を提出に行く車で妻が事故を起こす。

病院で目覚めたら妻は、記憶が欠落してしまって18歳だと思っていた。


そこで体は29歳、心は18歳の妻と
夫との愛情の再構築が行われるというストーリー。

コメディータッチで描かれていて
韓国ドラマにはつきものの母のこともからめ
(今回は小さいときにアメリカに行っちゃってましたが)

なかなか楽しめました。

夫を慕う女優がいたり
妻と親友となる高校生がいたり
いじわるしたり
すれ違ったり
まぁよくあるドラマでござんすが

その切なさに胸きゅんきゅんでした。

分別もわきまえた優等生の29歳の妻が 
いきなり幼い18歳になったら
 
いままでは険悪ムードだったり
邪魔臭いとか思っていた夫なのに
かわいくてたまらなく思ったりしちゃうんですね〜〜

よく心は乙女のままで・・
なんていいますが
やっぱりそうなのね〜〜〜〜

過去にラブラブだった夫婦は
リセットしたらありえる話かもね〜〜
なんて思いながらみておりました

あたしゃ
ラブラブだったことござんせんし
積み重ねもあるようなないような・・
まぁ夫婦って難しいですね〜〜
生活ですからね・・・

そんなこと考えながらみた
ドラマでした。 

2004.12.08 Wednesday

「サラン〜LOVE〜」終わっちゃったよ〜〜

LOVE サラン DVD-BOX II
LOVE サラン DVD-BOX II

TBS深夜枠の韓国ドラマを録画してみていました〜〜。
深夜枠なので、急遽時間が変更になって、みのがしたところもあるけれど・・・最終回はきちんと録画されていました。
知人が「サランは、最終回が切なくていいのよ〜〜」といっていたので楽しみにしていたのですが・・・途中まではいったいどこどこ??って感じでした。
やっぱり、前半の8歳年上のヨンジとイナとの恋愛模様のほうがツボにはまったなぁ〜〜。これって年齢的なものかな??
でも、最後の最後に・・ジ〜ンときて涙があふれてしまいました。

続きを読む >>

2004.11.11 Thursday

「サラン〜LOVE〜」そろそろ前半終了です。

LOVE サラン DVD-BOX I
LOVE サラン DVD-BOX I

韓国ドラマ初心者の私。かたっぱしから地上波で放送しているドラマを録画して時間をみつけては見ています。
「サラン」はTBSで深夜月〜水に放送されています。深夜なので時間が急に変更になっていたりして、ドラマの前に延々と違う放送が録画されていて、ドラマがはじまった・・と思ったら途中までということも悲しい
きのうのも・・なぜか途中でいいところで切れていました。
ま、そんなことにもめげず、2週分くらいずつ観賞しています。

チャン・ドンゴンの顔・・は残念ながら好みではないんです。
でも、ドンゴン演じるチョ・イナが8歳年上のヨンジ(キム・ミスク)に惹かれていき、イナとヨンジの葛藤する姿には涙がこぼれます。
自分自身がいつのまにかヨンジになった気持ちで見てしまうんですよね〜。

あとね、ヨンジの妹が自分の夫の不倫を知って、脱力感に襲われ、なにもかにもいやになって、食欲もなくなり家事も放棄してしまうというところがあるんだけど・・・これもわかるのよね〜〜。

続きを読む >>

2004.11.10 Wednesday

「新貴公子」・・キム・スンウなかなか良い味です。

新貴公子 DVD-BOX
新貴公子 DVD-BOX

チェ・ジウがお金持ちのお嬢様、キム・スンウは配達人。
その二人がひょんなことから恋に落ちる。
邪魔者がはいったり、ま・・いろいろあるんだけど。

ちょっとまえに東京MXTVでアンコール放送があって、途中から録画して保存してあったのです。
それを最近ぼちぼちと見始めております。
なかなか堅苦しくなくて、娯楽にもってこいなんです。
でもね・・・ぽ〜っと見ていたら。
第7話の「最後の晩餐」のところで、キム・スンウとジウのおじとのバーでの会話にジ〜〜ンときてしまいました。
おじさんの、身分の違いうんぬんのことや、本当に人を愛することのセリフ
あぁ〜〜もう一度みてみなくっちゃ。。
ホテリアーでもヨン様よりキム・スンウのほうが良い味だしているって思ったけど、やっぱり良い俳優さんです。
セリフのない演技が俳優のよしあしをきめるとおもうこのごろなのです。

イ・ビョンホンにほれ込み、韓国のことを知りたくて、韓国ドラマもいろいろ見てみています。
ハングルや歴史も少しずつ勉強中。
時間がいっくらあっても足りないな。
もっと効率よく家事をしよ〜〜〜〜と思うこのごろです。

calendar

<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other