2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2006.09.15 Friday

オフコースが好きになったきっかけ「秋ゆく街で」ライブ

なんか大変なご無沙汰です。
相変わらず韓国ドラマは録画してみてます。
「星を射る」「ラブストーリ イン ハーバード」「アイルランド」「勝手にしやがれ」ってところかな。
DVDで見た映画やドラマの感想など書きそびれてます。
ちょっと韓国ものに対する情熱が下向き気味です。
ビョンホンの日本のファンにむけての活動内容がどうも納得がいかなくて・・・
映画人でありたいって言っているのに〜〜とかもろもろ思うところがあって・・

あとは このごろちょっと学生だった頃を考える機会が多くて
ちょっとそっちに時間をとられています。

まぁなんだかんだと理由つけてますが
ただいまマイブームはオフコース
でねやっと見つけました 私がファンになったきっかけを・・・
秋ゆく街で オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート(紙ジャケット仕様)
秋ゆく街で オフ・コース・ライヴ・イン・コンサート(紙ジャケット仕様)
ずっと疑問でわからなかったのだけれど
このライブコンサートのアルバムがある日ラジオから流れてきて
ファンになったんだと思うのです。
その前から知っていたのかなぁ〜〜確かカセットに録音していて
これを何回も聞いたような覚えがあるのです。
これを聞きながら机に向かっていた学生時代・・・
懐かしいよ〜〜〜ムード

続きを読む >>

2006.01.31 Tuesday

20年ほどまえの邦画・・ひとりごと

水曜日の22時日テレのドラマ「神はサイコロを振らない」が面白いらしい。
小林聡美、尾美としのり の転校生コンビだそうな。
明日から見てみようって思ってる。
webザテレビジョンであらすじ等も確認したしまだ間に合うかな?!

転校生
転校生

で、転校生の原作は筒井康隆じゃなかったよ〜〜〜ごめんIちゃん。
ほいでもって尾道三部作は
「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」だった。

この映画はリアルタイムに映画館でみたんだよね。邦画二本立て。
もう一本は渡辺裕之のデビュー作「オン・ザ・ロード」でした。

(以下 いたって個人的なこと・・思いつくまま...ψ(。。)メモメモ...)

続きを読む >>

2004.09.13 Monday

もう一度、逢ってみたい人はいますか?

連続テレビ小説 天花
連続テレビ小説 天花
竹山 洋

今朝の天花で、リュウノスケと別れを決心した天花に、バブの社長が言ったのです。
「出逢いには意味がある。無意味なものはない。
本当に縁があれば、まためぐりあう。」
・・というようなことを。
このセリフを聞いたとたん、不覚にも涙があふれてとまらなくなってしまったのでした。
もう一度あいたいと思っている人がいるひとには、たまらないセリフです。

それにしても、不思議なドラマです。
セリフのひとつひとつは、とっても心に響く。天花ちゃんはかわいい。
脇役の人々の演技もすばらしい。
でも全体をながれるストーリーがわかりにくい。
だから、最近まれに見る不作の連ドラといわれてしまうのでしょうね。
でも、このチリバメラレタ名台詞に毎日見ている私です。

続きを読む >>

2004.08.17 Tuesday

今は、BEGINのBYGだね。

BEGIN
BEGIN
BEGIN, 平田文一

20年以上前に、ロックを流す音楽喫茶だったころつれられて通っていた。
純粋に音楽を聴くものたちが集う喫茶店だったはずが、
ちょっと風紀が乱れ始めたころだったかな?

場所が場所だけに、とっても女性一人では行きにくい。
いつもただただくっついていって
隣に座って、音楽に耳を傾けていた。

ものすご〜く心地よい時間の流れる空間だったな。

入り口のつくりがなんだかとってもしゃれていて好きだった。
名前も場所もうろ覚えだった。
でも、最近また脚光を浴びるようになったので
ふと記憶の底からよみがえってきた青春の思い出の場所である。

BEGINのライブ行ってみたいけれど、ひとりではやっぱり怖いな。
あの場所は・・・

続きを読む >>

2004.07.01 Thursday

昔々あったレストラン・・・最後の食事の場所

ダンデライオン
ダンデライオン
松任谷由実, 松任谷正隆

一年前の日記を読んでみた。
そうしたら、とある街の喫茶店のことが書かれていた。
そのときは、全然気付いていなかったのだけれど
この日が今でも残っている喫茶店で最後に元彼と会った日だった。

あれから何度もあの喫茶店の前をとおるし、入ってみようと思いつつなかなか思い切れなくて、入っていない。
いつも今度こそっておもうのだけれど…
駅から遠いので、時間調整にはちょっと不向き。
ほんとうに難しいわ。そのわりにいつも賑わっているのよね。あの喫茶店。

あの日は、今思えば、少しだけ相手をギャフンと言わせたかったきもちがあった。
バカみたいな私の意地。
何の意味もない。
確か喫茶店で、就職の話と、結婚の話をサラ〜リと交わしてから、場所をうつして夕飯を…。
そのレストランはもうとっくになくなっている。
何を食べたかは覚えてない。
そこであたりさわりのない話…恋人同士だったときと何もかわらなく時は流れていて…
で…ふと、カレが一瞬真顔になって、「ごめん! あまり誘われるのは好きでなかった・・」とかなんとか、要するに、私がお見合いをした責任は自分にあるというようなことをふと口にした。歌舞伎を一緒に見に行く彼女もいるといっていた。
ギャフンといわせたかったはずなのに、なんかチョット違っちゃったな!

続きを読む >>

2004.03.06 Saturday

友人(♂)は仕事と家庭の選択について考えたそうな。

たそがれ清兵衛
たそがれ清兵衛

さっきまでTVで放映されていた映画をみた。
なんかバッカみたいに涙をたくさん流しながら…。

特に、ともえと清兵衛との気持ちのやりとりが心をゆさぶる。
お互いに思いあっているのに、思いあっているが故のすれ違い。
いよいよ清兵衛がともえに告白したときには、
ともえには縁談が・・・
そうすると清兵衛は、今の告白は忘れてくれという。
ともえも縁談を優先するような口ぶり・・
だが、結局ふたりは結ばれた。

なんだか、結納の次の日に元彼とあったときのことを思い出して、泣けて泣けて・・・。
あの時となんだか、とっても似ていて、
結局私たちは、その後会うこともなく、私は結婚してしまった。

ともえと清兵衛は、お互い真に惹かれあうまでには、ものすごい苦労があったからこそ、結ばれたにちがいない。

20年という歳月が経た目でみるからこそ、あの日のあの瞬間のことが見えるのだけれど、なんの苦労もしらない、若かった私には、あのときにはあれが精いっぱいの選択だったんだろうな。

2004.02.01 Sunday

過去でなく未来を向かないとね!

恋ノチカラ4巻セット
恋ノチカラ4巻セット

このドラマは何度みても飽きないの。
堤真一の、仕事はできるけれど男女のキビにめちゃくちゃうとい役。
深津絵里のそんな堤真一に好意をもってはいるけれど、アプローチするではない女心。そんな微妙な表情。
画面のすみの坂口憲二くんの演技。み〜んないい味だしてるのよね。

安易な恋愛ドラマでないところが、とってもいいの。
ひとつのセリフがそのあとにとっても生きていたりして・・・
つくりが丁寧というか、
何度見ても矛盾がないというか。

続きを読む >>

calendar

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other