2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2005.08.02 Tuesday

映画「マラソン」

渋谷シネ・アミューズにて鑑賞 マラソン公式サイト
マラソン
マラソン
笹山 薫, ユン ジノ, ソン イェジン, チョン ユンチョル走れ、ヒョンジン!
走れ、ヒョンジン!
朴 美景, 蓮池 薫
<映画マラソンの原作:蓮池薫さんが訳されました。>

前売り券を早々と購入して、シマウマタオルハンカチまで持っているのに…
あっという間に7月が終わってしまい
ありゃりゃ・・はやく見に行かなくちゃ〜〜ってことで
やっとのことで見に行けました。

渋谷シネ・アミューズWestは、初めてでした。
座席数のわりに画面が小さく、スピーカーも小さくホームシアターみたいな感じ。新宿武蔵野館よりは、よいと思ったけれどどうだろう・・
できたらもう少し画面の大きいところで見たかったな。。

さてさて、肝心の作品。
キョンスク(キム・ミスク)は、チョンウォン(チョ・スンウ)の母。
自閉症という障害をもつ息子を日々しつけ、教育しつつ暮らしている。
チョンウォンの走りに才能を感じたキョンスクは、学校へボランティアにきていたかつてての名マラソンランナーであるチョンウクにコーチを頼み、フルマラソンに挑戦させようとする。

な〜んかイロイロ考えながら見ちゃった…
自閉症って程度はイロイロなんでしょうけれど
記憶力がよかったり、言われたことは(もちろん、理解していることのみ)そのとおりできるけれど応用がきかないし、自分で判断することができなかったりするのね。
映画の中でも出てきたけれど、母とチョンウォンの密着度が高いがために弟や父は、我慢を強いられているような感じになっちゃうのね。

チョンウォンに罪はない、母も懸命に良かれと思ってやっている。
あそこまで一生懸命になれるなんて羨ましいぐらいだった。

私も息子を持つ身、いろいろと考えさせられることがたくさんあった。

そうそう、マラソンコーチとチョンウォンの心がだんだんと通っていくあたりは、なかなか良かったわ〜〜思わず涙だった・・・

自分で学ぶということができない息子を持ったら
教えて、しつけるしかないよね。
いったん覚えたことは、きちんと例外なく実行するのだから…
なかなか身につかないけれど、身についたら絶対にそのトオリにするんだから 大変だけれど遣り甲斐もあるというものだ。

でも、例外がないということは、臨機応変にいかないということなのよね。
判断することができない。
教えられなていないことは、何をどうしたらよいのか考えることができない。
これって、生きていくうえで大事なことだよね。

チョンウォンと正反対の息子を持つ親として逆に考えちゃったのよね・・・
私ってば、チョンウォンのように息子にして欲しいって思っちゃってるんじゃないかなぁって・・・
「世の中の価値で、良いといわれていることだけを脇目もふらずしてほしい。」って・・・
息子には息子の世界があり、考えがあり、それがたとえ私の価値観から外れていたとしても、自分で考え判断するだけの能力が備わっているんだから、もう少し、心にゆとりをもって見守っていかなくちゃなぁ〜〜なんて思ってしまった。

でも、願わくば、チョンウォンの数百分の一でよいから、反復練習というものをしてほしいわ。
なぁんだかうまく書き表せないけれど
親の思い通りにならないということは健全なんだなぁ〜〜なんていう思いも味わいながら、この映画を見ていたのでした。

うちの息子にも、チョンウォンのマラソンのように大好きなことが見つかるといいな!

まつさんの映画伝道師のマラソンの記事を読んで、涙が出てしまいました。
まだこの映画、私の心に影響を与え続けています。[8月3日11:20追記]

2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

comment

コメント&トラックバックありがとうございます。さらに追記でお勧めまでしていただき感謝感激です!
「マラソン」は、身障者の立場を美化するだけでなく、あえて触れたくない嫌なことも正面から取り組み、それでいて心温まる作品でした。美男美女ばかりの韓流とは違う魅力がここにはあります。このような作品こそもっと多くの人の目に触れて韓国映画の魅力を知ってほしいと切に思います。
ご訪問していただき、コメント&トラックバックありがとうございます。
いい映画でしたね〜〜。前宣伝のわりにあまり興行成績がぱっとしないのでしょうか? 上映期間が短くてビックリです。
いままで映画を心底面白いっておもったことはあまりなかったのですが、李炳憲ファンとなり韓国映画を見始めたらはまってしまっています。心の内面を描いたようなチョット自分の人生(←ちょと大げさですが!)と照らし合わせて考えさせられるようなそんな感じの映画が多いような気がして・・。
きっかけは、美男美女の韓流でもこういう映画にもふれて欲しいですね。

  • by プラム
  • 2005/08/05 6:38 PM
プラムさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m

こういう映画は偏った描き方に陥ることが多いのですが、この監督は上手に描ききったと思います。素晴らしい映画でした^^
  • by cyaz
  • 2005/12/07 12:33 PM
TB&コメントありがとうございます。
こちらに書き込んでいただいたのははじめてのような(^-^;
マラソンの主題歌は大好きな小田さんだったのですが
映画を見ていてそういうことを全然感じないほど
内容に引き込まれました。
  • by プラム
  • 2005/12/07 5:43 PM

post a comment

trackback url

trackback

マラソン

第147回 ★★★★(劇場) 「神様には特別なプランがある」  これは「サイモン・バーチ」(1998)での言葉だ。  小さな体で生まれたサイモンは、神様には何か理由があって自分を小さな体にしたのだと信じている。それが「神様のプラン」なのだ。

  • by まつさんの映画伝道師
  • 2005/08/05 3:49 PM
『マラソン』

  5才の心を持つ20才の青年チョウォン  走りたい・・・  「ボクは走っている時がいちばん幸せ!」■監督 チョン・ユンチョル■脚本 ユン・ジノ、ソン・イェジン、チョン・ユンチョル■キャスト チョ・スンウ、キム・ミスク、イ・ギヨン、ベク・ソンヒョン、

  • by 京の昼寝〜♪
  • 2005/12/07 12:12 PM
マラソン

2005年 韓国 監督:チョン・ユンチョル 脚本:ユン・ジノ、ソン・イェジン、

  • by 銀の森のゴブリン
  • 2006/03/14 10:45 PM

calendar

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other