2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2005.11.29 Tuesday

映画「親切なクムジャさん」

渋谷アミューズCQNにて鑑賞

親切なクムジャさん SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE
親切なクムジャさん SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE
大石 圭

親切なクムジャさん サウンドトラック (韓国盤)
親切なクムジャさん サウンドトラック (韓国盤)




親切なクムジャさん日本公式サイト
韓国公式サイト

監督:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク などなどたくさ〜〜ん

いわずとしれたパク・チャヌク監督の復讐三部作
『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』に続く作品です。

『オルドボーイ』は、生まれてはじめてみたイ・ビョンホンが出演していない韓国映画です。
すごく衝撃的でショックでした。見たばかりの感想は、あまりよいものではなかったのです。
その後、たくさんの映画を見るようになって
だんだんと評価が上がってきました。
たしかに、目を覆うようなシーンが多いですが
人間臭さみたいなものが感じられて、よくできた映画だというふうに思うようになりました。

『復讐者に憐れみを』が最初の作品だそうですが、『オールドボーイ』よりも強烈だということだったのと、日程があわなかったので未見ですが、相当すごそうなのでこれからもみないかも?

『親切なクムジャさん』は三作の中では一番ソフトだという噂と、イ・ヨンエという女優が主人公ということで楽しみにしていました。

上映15分前についたにもかかわらず“整理No.7”
えっ、ガラガラ?って思いましたが、上映時間になると まあまあの入りの状態でした。
私自身は、カメオ出演があるということや、刑務所にいるあいだに練りに練った復讐であるというストーリーであるところから、どのシーンも見逃したくないと、見る前からすんごく緊張していました。

見終わった率直な感想は、なかなか面白かったです。


(以下 ネタばれありの おもいつくまま)

最初から最後まで、スクリーンを見つめて入れば
すべてのなぞはわかるようにできていて、伏線をはるというよりは
ひとつづつ丁寧に 何故そうなったのかを説明しつつ物語はすすんでいくので、非常にわかりやすい。

逆にいえば、ストーリー的にはとっても単純。
それをよくまあこういうふうに劇的に表現できるもだと思う。

映画全体に流れているテーマとかそういものは 見終わったばかりの私にはちょっとわからないけれど
またきっとじわじわと時がたつにつれて、いろいろと考えさせられるような予感がします。

一番印象に残っているのは
子どもを殺された家族が復讐するシーン
ビニールガッパを着て復讐する順番を待っている。
それぞれの凶器を持って…。
残忍ではあるが、それぞれの心の傷を解消するがごとく
それぞれの思いで、犯人を傷つけていく。
鉞をもって息の根をとめてしまいそうな勢いに〜次の人もいるんだから殺しちゃだめ〜という娘(←ずっと夫婦だと思ってみてたのだけれど…親子だったと思ったのだけれど、ありゃ兄妹だったっけ??)
その二人が事を終えて部屋から出てきたときの血まみれな様子。
そのあと、カッパも羽織らずにスッと入ってスッとでてきたおばあさん。
殺された子どもの鋏で首の後ろから最後の一撃!

うっ書いていてもすごいと思う。
でもね、このシーンもだけれど想像でつなぐようにできていて、実際に血しぶきがとぶということはない。だから私でも見れるんだと思う。

でね、その鉞もってる人の勢いをとめるシーンがなんとも切ないのよ。
その息子を殺された悲哀っていうか どういうわけか涙が滲み出てきました。
その次の鋏も抜くシーンが描かれるんだけど・・そこも切ない。

なんか血だらけで、残忍で、残酷で、えげつなくて・・・
本当に良家の子女はぜった〜〜いに見るようなものじゃないのに

誘拐犯に殺された子をもつ親の気持ちとか
クムジャさんの複雑な胸中とか
心をうたれる瞬間がちりばめられていました。

それにしても、何故・・・
クムジャさんの子どもだけ殺されなかったのかな?
里子にだすとお金がもらえるの?
ちょっと腑に落ちない部分でした。

あと、クムジャさんは自分の娘を助けるためにうそをついて刑務所に行ったわよね。
でも、そのせいでたくさんの子どもたちが殺されたってことでしょ・・・。
あのとき、犯人をきちんと逮捕していれば犠牲者がでなかったって言ってたよね。
それってだれのせい? 
もちろん犯人が一番悪いよね。
そのあたりのことがどうも釈然としないのでした。






2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

comment

トラバありがとうございました。

わたしもクムジャさん観た後になんだか胸の内がもやもやしていて、結局3回も観てしまいました(^_^)
観れば観るほど、なぜ復讐するのか、とかクムジャさんにとってこの復讐の意味は何だったのだろう、そしてこれからどうするのだろうということを考えさせらる作品でしたね。

「復讐者に憐れみを」は未見なのですね。
わたしにとっては「復讐者〜」が三部作の中でいちばん好きなので是非観ていただきたいです。でも、「オールドボーイ」ほどではないにしろ痛いシーンが何カ所かありますよ(ネタバレになるから言えませんが)。この監督の撮る映像って痛いですよね。

 ノベライズ本もあるんですね。なぜ角川ホラー文庫で出版されたのかその意図がよくわかりませんが…
TB&コメントありがとうございます。
コメントせずにTB返しだけしてしまいまして、すみませんです。

「復讐者に憐れみを」は「オールドボーイ」より痛いシーンが少ないのですか? だったら見れるかな?
チャンスがあったら見てみますね。

知人はこの手の映画が苦手なのでノベライズを読んだそうです。映像よりも想像するほうが怖いような気もしますが(ーー;)
きょう映像とのスリあわせをしてきました。
映像のほうが残虐なシーンもエロティックなシーンも具体的でなく想像させるようにできているようでした。

よくできた映画だということはわかるのですが、いまだクムジャ像とか復讐の意味とか、頭の中でぐるぐ〜るしています。
  • by プラム
  • 2005/11/30 6:28 PM
私もくむじゃさんは見ました
意外でしょ?
なぜか、衝動にかられて突然見に行っちゃったんですよね。。
すんごい映画でした
残忍なシーンは予想していたもの、エッチなシーンも妙にリアルで。。R指定が入るのも無理ないなぁって。。
三部作でこれしか見てないのですが(結局スリモンも見てない。。)映像はとってもきれいだと思いました
特に最後の雪が降ってるシーンなんて、絵とか写真みたいに切り取りたい!って思ったくらい
クムジャの部屋もとっても不思議な空間で音楽ととっても合ってたなあ
HPに行って、あの音楽に浸ると場面が思い出されます
  • by panda
  • 2005/12/01 4:09 PM
おぉ〜〜大丈夫だった?
血とかで気分わるくならなかった?
私はね、もちろん目を覆ったり怖くなったりするんだけど
結構平気なほうらしいので、目はしっかりあけてましたよ〜〜。
逆にあの食卓のエッチシーンのほうが吐きそうだった。
どうもああいうのは駄目みたい・・・。
残忍シーンは本当にうまく想像だけでできていてよくできた映画だと思いました。
引きのシーンとアップのシーンの組み合わせとかバランスとか色合いとかよく考えられていたよね。

ただね頭の片隅で甘い人生と比べながら見ちゃったんだ。
あっちのほうが都会的で洗練されていて難解で…
こちらは田舎臭くて人間臭くて、でもわかりやすかった。
題材も違うから比べるのが間違ってると思うけれどね!
李炳憲さんの次回作は人間臭いものにしてほしいなぁ〜〜なんてね。
  • by プラム
  • 2005/12/02 4:35 PM
プラムさん、こんばんは!
クムジャさん、見てきたのですね!

29日だから、ちょうどUpされた日に、青龍映画賞の作品賞と主演女優賞を取りましたね。イヨンエさん、かなりの感激の様子でしたね!

実は、プラムさんの感想を待ってました。。ふむふむ。。。
クムジャさんの感想については、他にもいろいろ読んでますが、本当に皆それぞれ(各人各様)で、これほど違った感想などが書かれる映画も少ないな〜〜と、映画の感想に感想したり…です。
私の感想も実は先日Upしてますので、良かったら見てください。(すみません、ホントはここに記載すれば良いのですが…写すのもなんだし。。。)

一言で言えば、とっても楽しめた映画でした。
こんばんは!
感想読ませていただきました。う〜む〜〜難しい 深い。
“贖罪”という概念自体を理解するのが先決かなぁ〜〜などと思いました。色のことを考えていたらスタンダールの『赤と黒』を 復讐と贖罪の兼ね合いを考えていたらドストエフスキーの『罪と罰』を思い出しました。両作品とも読んだはずだけれど中身についてどれだけの理解をしていたのか あるいはただ字面を追っていただけなのか。
なんだかこの映画を真に理解するっていうことは相当な知識と根気がいるかなぁ〜〜なんって思ってしまいました。
  • by プラム
  • 2005/12/03 10:53 PM
TBありがとう。

えー、「両家の子女」?結婚式みたいだな。「良家の子女」かな(笑)

「復讐者に憐れみを」は、深呼吸をしてみてください。
ペ・ドゥナが壮絶なことになっちゃいます。

責任、とらないけど(笑)
TB返しのみにて失礼しました。
コメントありがとうございます。
でもって結婚式でなくしておきました〜〜(T▽T)アハハ!

「復讐者に憐れみを」は一月末に見ました。
kimon20002000さんにTBいただいてましたけど…。

ペ・ドゥナ〜〜〜そこまでやるのか!!
って思いました。


post a comment

trackback url

trackback

「親切なクムジャさん」@新宿東急オールナイト

11月11日に新宿東急でおこなわれたオールナイトイベント、「パク・チャヌク復讐三部作一挙上映」に行ってきました。当日上映されたのは、「親切なクムジャさん」、「復讐者に憐れみを」、「オールド・ボーイ」の3作。ついでに宮台信司氏のトークショーもあり、見応えの

  • by 流線型事件
  • 2005/11/29 7:24 PM
【劇場鑑賞19】親切なクムジャさん

愛を奪われた 哀しみの天使 娘を奪われた美しい母の悲しく切ない復讐・・・ 涙あふれる愛と再生のドラマ 最後の復讐が、 一番哀しく、 美しい。 「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐3部作”完結編だ

  • by ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
  • 2006/03/04 12:51 AM
NO.141「親切なクムジャさん」(韓国/パク・チャヌク監督)

イ・ヨンエはきわめて貪欲に、 複雑なクムジャさんを呑み込んだ! NHKで放映中の「チャングムの誓い」が、モニタに映し出されている。アジアで驚異的な視聴率をあげたこの番組を、話題がわりにと第1回目から観ている。ヘタクソな吹き替えに卒倒しそうになりながら、ま

  • by サーカスな日々
  • 2006/04/16 1:38 PM
「親切なクムジャさん」

「グエムル−韓江の怪物−」に続いて見たのは、またまた韓国映画。 主役は「宮廷女官・チャングムの誓い」のイ・ヨンエ。 あんまり興味ないので・・「チャングム」は全然見てませんが・・・。

  • by ひらりん的映画ブログ
  • 2006/09/21 12:56 AM
真・映画日記『親切なクムジャさん』

9月19日(火) 朝(通勤中)、日記があっさりと書きあがる。 休日をだらけて過ごしたせいか書くことが少ない。 物足りなさを感じるが、 コーヒータイムの4、50分、まるまる寝れた(笑)。 日中は暑い一日だった。 午後には雨がぱらついたりした。 仕事は連

  • by CHEAP THRILL
  • 2006/09/23 8:36 AM
親切なクムジャさん

[邦題]親切なクムジャさん [原題]친절한 금자씨 [英題]Sympathy For Lady Vengeance ⇒あらすじは書きません。  私よりもっと文才のある方々が書かれている  関連のHP,

  • by Kio -朔北- De nuevo
  • 2007/09/17 11:55 AM

calendar

<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other