2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2006.01.29 Sunday

韓国映画「春の日は過ぎゆく」

新文芸坐・韓流シネマコレクションにて鑑賞

春の日は過ぎゆく
春の日は過ぎゆく

監督:ホ・ジノ[第2作]
出演:ユ・ジテ<サンウ>
イ・ヨンエ<ウンス>


日常のどこにでもありそうなシーンをきりとったような映画。イロイロなことがあるわりに静かに時が流れる大人の映画って感じで好きかも。

ひとことでいってしまえば、男と女がであって別れるまでの映画。
ラジオDJのウンスは録音技師のサンウと組んで自然の中の音を採取する。
ふたりはいつしか惹かれあい男と女の関係になる。


(感想…思いつくまま)
どこに惹かれたとか、何がきっかけとか
そんなものは大人の男と女には存在しない。
お互いの感性があったのだから。

何が原因で二人には別れがおとずれたのかなんて
本当のところは当事者のみが知ることなんだけれど…

サンウは若く恋愛経験も少なそうだ。だからこそ自分そのもの、すべてがウンスとの恋愛に表れているように見て取れた。
非常に常識的、真面目。それは、育ってきた環境によるものだろう。

サンウ父と叔母と祖母と昔ながらの家族という形態で跡取り息子として暮らしている。祖母の頭の中は昔へと戻っていて、すぐに駅へと出かけていきこの世にはもういない連れ合いをいつも待っている。
それを追いかけて付き合い連れ戻すのはサンウだ。
父も叔母もサンウが嫁をとり家を切り盛りしてくれる日を望んでいるようなところがある。

一方、ウンスは離婚経験があり、ひとりで現代的な暮らしをしている。
仕事もプロデューサー兼DJという責任ある立場だ。
サンウの昔懐かしいような実直な心にふれ、そのときの仕事が自然との対話だったこともあって彼女の中のそういう部分が目覚め、サンウに惹かれたのではないかと思う。

サンウといたときのウンスと、別れた後のウンスとはあまりにも違いすぎる。
次に仕事をした男性と男と女の間柄だかどうかはわからないが、鮮やかな色の洋服に目の覚めるような緑の車、休日はゴルフをする・・それはその男性の都会的雰囲気に彼女の中にあるその部分が表に出てきているような感じだ。

サンウはウンスから突然別れを言い出されたように思っているかもしれない。でも、二人で作り上げる仕事が終わりを告げるときに、ウンスは先行きに不安を覚え、そのことをサンウに問いかける。しかしサンウにそれは通じない。そのことがきっかけで以前から感じていた違和感とあいまって別れる決心をしたのではないかと思う。
気持ちは残っていても別れようと思うからこそ、未練がましく突然仕事場にまで会いにいったんだという風に見えたし。

なんだかね〜〜この映画って
男の側から描いているような気がする。
女性をこういうふうにとらえ、別れもこういうふうに認識してるのかなぁ〜〜〜って。

この二人は別れちゃったし、なんだかうまくいかなかったけれど。
どこに原因があるのか????
そもそもウンスに結婚する気がないのかなぁ〜〜とは思ったけれど
途中で「一緒のお墓に入りたい」というようなことを言っているからそうでもなさそうだし。
月並みな言葉で言えば、縁がなかったてことなのかな!

ようするに男と女は難しいってことだしょんぼり

2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

comment

post a comment

trackback url

trackback

calendar

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other