2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2006.01.31 Tuesday

韓国映画「復讐者に憐れみを」

新文芸坐・韓流シネマコレクションにて鑑賞

復讐者に憐れみを デラックス版
復讐者に憐れみを デラックス版

監督:パク・チャヌク
出演:シン・ハギュン<リュ>
   ソン・ガンホ <トンジン イルシン電気社長>
   ペ・ドゥナ  <ヨンミ リュの恋人>
   イム・ジウン <リュの姉>
   ハン・ボベ  <ユソン トンジンの娘>

パク・チャヌク監督の復讐三部作の第一作品。
「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」というラインナップ。
三作品に関連性があるわけではなく復讐をテーマにした作品という共通点のみらしい。だから最後の作品であるクムジャさんにソン・ガンホとシン・ハギュンを出演させたのだとか?!

事前の情報によると三作品のなかで一番わかりやすいとか、一番むごいとかそんな話を聞いていたのでみるべきかどうするべきか悩んでいましたが、一番のお気に入りというかたもいらっしゃたので見てみることにしました。

鑑賞したあとの率直な感想は、他の2作品に比べ わかりやすいといえばわかりやすいけれど テンポ・復讐の動機や手法ともに もう一ひねりほしかった。映像も直接的で想像による恐怖より視覚的な恐怖という感じで、個人的にはあまりすきな種類の映画ではない。

救いようのない復讐の連鎖。
見終わった後のなんともいえない虚無感。

そもそも設定から聾唖者と腎不全患者の姉。
劣悪な労働環境。悪質な臓器売買業者。
救いようがないという前提のもとに始まる誘拐。

そして結末は姉の自殺、誘拐した少女の事故死。

ここからが復讐の始まり
だまされた聾唖者は、臓器売買業者を殺し腎臓をとり食べる(ぐぇ〜〜〜〜だよ!!)
誘拐された社長は共犯者を殺し、犯人(聾唖者)を殺し
ばらばらにして埋めようとしたら
共犯者の組織に殺される。

どこがどう変わっていたらこの連鎖から逃れられたのか?
私には見つけられない。

途中のお決まりの男と女の行為。
これがこの映画にとって何の意味があるのか・・・
ペ・ドゥナが裸をみせる意味がどこにあるのか・・・
視覚に訴えることなくても
すでにそういう関係であることはあきらかな映像だったではないか!

ソン・ガンホ、シン・ハギュンの演技はすばらしい。それは認めるが映画は・・・今の時点ではどうしても良い作品として認めることが出来ない自分がいる。

2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

comment

post a comment

trackback url

trackback

NO.101「復讐者に憐れみを」(韓国/パク・チャヌク監督)

ぺ・ドゥナには「敢闘賞」を捧げたい! 5月23日は誕生日だが、その日から書き始めたこの拙いブログが5ヶ月を終了し、6ヶ月目に入ろうとしている。 座布団シネマは今回で101本目である。月に20本。「甲殻機動隊」などのアニメや古典シリーズ、「24」などの海外TVシリ

  • by サーカスな日々
  • 2006/02/17 4:52 PM

calendar

<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other