2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2006.11.06 Monday

TBS「愛の劇場 いい女」〜第6回まで

第2回かなんかをみて
おぉ〜〜って思い、原作を読んでみて
楽しみにしていたTV・・・
TBS「愛の劇場 いい女」
録画していたものをきょうの分まで見てみた。

ちょっと途中で切れちゃったりしたけれど第3回〜第6回までの4話分。
プロにメイクしてもらって洋服もセンス良く着こなし、見事に仕事を続けることに成功。
家の中で家のことにむけていた興味が、自分を磨くこと美しくなることに関心が移っていくあたり。
幼馴染と食事に行ったり、編集者と怪しい雰囲気になったりするんだけど・・・。

原作のほうが好きだなぁ〜〜
なんかドラマにすると薄っぺらで、尻軽女って感じがしてやだな・・・

原作に実に忠実にストーリーは展開されている。

ただし、女友達と食事をしたり後押しされたりなんてのはない。
だから私の中では、石野真子のような甘い雰囲気でなく、もう少しヤツレテイルケレド昔超美人って感じの背の高い冷たい感じの人を想像していた。

編集者も岡田浩暉のようにいまどきのホストちっくな感じでなく、原作ではTシャツに綿パンの筋肉質って書いてあったせいもあるけれど、体育会系の汗の似合う素朴な人を想像していた。
だからなのだろうか・・・どうも編集担当と翻訳家との会話部分が
軽薄な感じがして・・
私の想像ではもう少しうちに秘めた情熱って感じだったんだけどな。

岡田浩暉くんは好きなんだけど、やっぱり舞台のほうがあってるかもね。
すんごく舞台的な演技に見える・・大げさすぎませんかね??

さてさて幼馴染の早匂くんの野村宏伸はよかった。想像通り、抑えた声がぴったり。
だからレストランでのデートのシーン。交際を申し込んだシーンも違和感なく。
ありえそ〜〜って思ってしまいました。

原作には、あの脳の中の記憶・・15〜17歳の恋愛の記憶は忘れずにいて、死ぬまでにもう一度会いたくなる・・っていうのはなかったような気がします。

でも・・そうなのかな?
この言葉がどういうふうにドラマの今後の展開に反映されるのか 楽しみです。

ってことで
ちょい気恥ずかしいけれど 久しぶりにドラマのレビューしてみようと思っています。

2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

comment

post a comment

trackback url

trackback

calendar

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other