2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2009.06.16 Tuesday

川上弘美「風花」 読了

Amazonおすすめ度:
最後の最後でどこか非常な世界へと読者を連れ込んでそのまま放置する当代一流の凄腕
さすがに上手いなぁと感心させられる。
しんだらおしまい

 王様のブランチで2008年のBOOK大賞に選ばれたもの

主人公は33歳の結婚7年目の日下のゆり
夫のシステムエンジニア卓哉が不倫をしていることを匿名の電話で知らされ
不倫相手の里美とも対面したものの
のゆりはどうするべきなのか結論を出しあぐねて2ヶ月たったところから
物語は始まる。

のゆりは夫が不倫をしていることを知っても
不倫相手と対面してもののしることもなく
感情を乱すこともない
まるで他人事のようだ

だからといって彼女が何も感じていないわけではない
彼女のペースで少しずつ夫と二人だけの世界から外へと目を向け
自分ひとりの足で歩みはじめ
それと同時に感情のゆれはばも大きくなってくる

はっきりと自分の感情を思うがままに
外に出せる人には歯がゆい人物にうつることだろう

だが、そのひとにとって
結論をだすには大きすぎる問題は
考える道筋さえみつからず迷子になってしまうものではないだろうか

のゆりは『卓哉とは、きちんと別れよう』と決意して初めて
それまでの曖昧だった卓哉への愛情が深いものだということも知る

だがその決意は固いようだ。
赤信号をつっきてわたりきったのゆりと
信号を渡らなかった卓哉

二人の間にある距離を象徴しているような終わり方だった。



するすると読める不思議な小説だった。

私自身が言いたいことを言っているようでいて
肝心なことを相手に伝えることが下手で
当事者と向き合うことから逃げるようなところがあるので
のゆりのなんともいえない
のらりくらりとしたような行動が
あぁ〜この感覚わかるなぁ〜〜
なんて思いながら読みすすめていった。

のゆり自身が少しずつ成長していく過程も
彼女のような気持ちで味わったのだ。

だからなんともいえない感覚・・・

私自身もほんの少しだけ心が成長したような気もしている。


だけどね
この卓哉っておんなったらしだよね・・・
妻がいるのに
他の女と数年つきあいはらませて
それだけではなく
他にもいて・・・

こんな男とはわかれちまえぇ〜〜〜
って
客観的にみると思うんだけれど

のゆりだって
どこかでそう思ってはいたのだけれど
大好きだったってことなんだと思うんだ・・・

だからなかなか決められなかったんじゃないのかな?

心ってそう簡単にわりきれないからね・・・

心は卓哉を求めているのに
わかれると決意したのゆり

心があったかくなるような幸せを味わって欲しいなぁ〜
と思うのです


川上弘美さんの「夜の公園」を読んでみることにしました。


 

2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

comment

post a comment

trackback url

trackback

calendar

<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other