2012.02.08 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2011.02.05 Saturday

ミュージカル「アンナ・カレーニナ」

 今年はじめてのミュージカル鑑賞 サイト

一路真輝さん復帰作品
充電期間前の日本初演だったときは見逃してしまったものなのです。

もうね〜〜半年前からチケット予約して楽しみにしていました。

下手ではありましたが
前から数えて一桁のお席でした

近くも遠くも見えにくくなったお目目でも
皆様のお顔がはっきりみえましたわ〜〜〜

事前知識としては

アンナ・カレーニナが一路真輝さんであること
ヴロンスキーが伊礼彼方くんであること

道ならぬ恋のお話であること
アンナ・カレーニナにとっても晴天の霹靂であったこと
ハッピーエンドでないこと

そ〜んなところで観劇いたしました。

観終わって
ぼ〜〜っとしてしまいました。
よかった! と〜〜ってもよかった。

(思いつくまま ネタばればれですぅ〜〜)

前半のアンナの人となり、高まっていく感情への戸惑い
アンナの夫カレーニンの戸惑いも心に響くし
キティー、レイヴィンもとても魅力的に描かれていて
コケティッシュな部分もあるしシリアスな部分もある
そして
なによりもみなさま歌がうまい!!
ソロも多いし、芝居もうまい!!

ついにアンナの感情が理性に勝ったシーンで幕

後半はアンナとヴィロンスキーの甘い蜜月・・・
ただ台詞の端々にヴィロンスキーの苦悩とアンナの不安
そしてやがてそれは大きくなっていき
アンナの精神は崩れる

夫カレーニナの苦悩
アンナとカレーニナのひとつぶだねセリョージャ
父母の思い、子の思い

アンナが絶望し命を絶ったあとの
ヴィロンスキーの愛、カレーニナの愛

なんだかね〜
心をえぐられるような
切なく哀しく
どうしてこういう結末になってしまったのか
・・・
そんなことも考えてしまいました。


(もっと思いつくまま・・・いいのかこんなこと書いて!)


続きを読む >>

2011.01.31 Monday

韓国ドラマ「善徳女王」全62話

 BSフジにて毎週一話ずつ視聴していたのですが
とうとう終わってしまいました。

全62話…ということは一年以上にわたり視聴していたことになります。
ドラマは善徳女王が生まれる前の新羅の話から始まります。
ミシルは最初から登場しており
誕生したトンマンは運命にあやつられますが
ミシルが牛耳る王室へと戻ってくることになるのです。

トンマンが外の世界でつちかってきた知識や機転の良さ
そんなものがやがてミシルとの対決に役立ちます。

トンマンの成長物語という視点からも
ドラマが進んで、次はどうなるのかと展開が楽しみでした。

特に、ミシルとトンマンの頭脳戦のあたりは目が離せませんでした。

また、ところどころにロマンスも盛り込まれていまして…
ちょっと胸キュンだったり切なくなったり…

途中ピダム役セクシー俳優キム・ナムギルに悩殺されそうになりながらも
(いまは兵役ですね〜 ドラマ「赤と黒」がNHKで放映予定です)
わたしってばオム・テウンの出ているドラマが好きよね〜〜不思議・・なぁんて思いながら最終回を迎えました。

【主な登場人物/出演者】
トンマン(徳曼)、善徳女王<新羅の姫、新羅27代王>/イ・ヨンウォン
ミシル(美室)<宮殿を支配する宮主>/コ・ヒョンジョン
チョンミョン(天明)<トンマンの双子の姉>/パク・イェジン
キム・ユシン<トンマンの右腕、復耶人>/オム・テウン
ピダム<ミシルの捨て子、父は真智王>/キム・ナムギル
ムンノ(文努)<国仙(ククソン)、花郎の総指揮者>/チョン・ホビン
ソファ(昭火)<トンマンの養母、ペクチョンの侍女>/ソ・ヨンヒ
チルスク<ミシルの護衛兵>/アン・ギルガン
真平王<トンマンの父、新羅第26代王>/チョ・ミンギ
摩耶夫人<トンマンの母>/ユン・ユソン
キム・チュンチュ(太宗武烈王)<チョンミョンの息子、第29代王>/ユ・スンホ
ウルチェ(乙祭)<真平王の忠臣>/シン・グ
ソルォン(薜原)<ミシルの情夫、花郎、9代目風月主>/チョン・ノミン
セジョン(世宗)<ミシルの夫、6代目風月主>/トッコ・ヨンジェ
ミセン(美生)<ミシルの弟、10代目風月主>/チョン・ウンイン
ホジョン(宝宗)<ミシルの息子、父はソルォン>/ペク・トビン
ハジョン(夏宗)<ミシルの息子、父はセジョン>/キム・ジョンヒョン
キム・ヨンチュン(金龍春)<キム・ヨンスの弟、真智王の二男>
チュクパン(竹方)<花郎、トンマンの腹心、偽僧侶>/イ・ムンシク
コド(高島)<花郎、チュクパンの弟分>/リュダン
キム・ソヒョン<キム・ユシンの父>/チョン・ソンモ
マンニョン夫人<キム・ユシンの母>/イム・イェジン
ソリ(誓理)<上神官>/ソン・オクスク
ウォルヤ(月夜)<復耶会(伽耶復興勢力)の首領/チョン・ホグン
ソルチ(雪地)<ウォルヤの右腕、伽耶移民の首領
クドン<ウォルヤの部下>/イ・ジュンムン
アルチョン<徐羅伐10花郎、飛天之徒の長>/イ・スンヒョ
ヨムジョン(廉宗)<商人>/オム・ヒョソプ

トンマンの少女時代/ナム・ジヒョン
ミシルの少女時代/ユイ
チョンミョンの少女時代/シン・セギョン

*******

悪役という役回りのミシルですが
野心家であり ことを成し遂げるためには血も涙もなく
みなに恐れられていますが
なぜそうなったのか・・

興味深い人物です。

そして正義をつらぬき自分で最後も決めます。

トンマンもユシンも自分というものを持っていて
そういう人は強い!

それが「正義」というものなのかな・・

対するピダム
運命に翻弄され
自分で自分に負けてしまいます。

ピダムがとても魅力的だったのは
トンマンが王になる過程・・・
王になってからのピダムはど〜も好きになれませんでした。

善徳女王の政治には「信頼」という言葉が似つかわしい。
ピダムに一番なかったものでしたね。

とにかく伏線があって
なるほど〜〜と 途中でなっとくしたり
??って思っていたものが やがてわかったりと
そんなドラマでした。

もう一度今度は吹き替えでなくノーカットで見てみたい気持ちはありますが
62話だからなぁ〜〜〜

とにかくとっても楽しませていただきました!!

終わってから「善徳女王」を二倍楽しむ! なぁんていうサイトがあることを知りまして
読みふけってしまいました。
こちらもとても興味深い・・・

いや〜「朱蒙」が終わり「善徳女王」が終わり
次は「イ・サン」が終わりますね〜〜

ちょっと脱力感ただようこの頃です。





2011.01.27 Thursday

吉田修一「悪人」読了


吉田修一「悪人」公式サイト ココ
映画「悪人」オフィシャルサイト ココ

 昨年話題になった「悪人」を読み終えました。

何を隠そう購読紙は朝日新聞
でも
ぜんぜ〜〜ん新聞小説を読んでおりませんので
知りませんでした・・・

たまには読んでみようかなぁ〜〜
新聞購読やめちゃおうっかなぁ〜〜って思うほど
記事は斜めにしか見てない・・・

そのうえ
先に映画を観ました!

映画と本両方味わったドラマの感想が似ている人に
先に映画、次に本がいいよ〜〜
といわれましたもんで・・・

だから
本を読みすすめながら
登場人物は映画の配役のまま
描写されている出来事や風景なども映画の中の映像を思い浮かべていました。

映画→本の順番だったからでしょうか
若干の違いはあるものの
根底に流れているものは同じで
違和感はありませんでした。

映画も本も
最後の最後になるまで
なんともいえないモヤモャとした感覚で
終わりのほうに
ど〜んと心の奥をえぐるような台詞があって

えっ・・・
ヒトとしての宿題?
なぁんて思いつつ

終わった後で

えっ
どういううふうに
これを受け止めればいいの?
面白い?面白くない??

重い?重くない??

何が正しい?正しくない??

そ〜〜んな
なんともいえない微妙な感じです。

(以下 ネタバレありの心に残ったことなどなど)

映画と本 を比べてしまいました。

続きを読む >>

2011.01.20 Thursday

宮下奈都「スコーレ No.4」読了

久しぶりの小説

このところHow To本ばかりだったので
なんだかとても新鮮

小説の感覚を忘れてしまったのかなんなのか
はじめのうちは
ちょっととまどった。

が…
すぐに馴染んで
一気にNo.1からNo.4までいっきに読み終えた。

川沿いの町の骨董品店に生まれた三姉妹の
長女麻子の成長物語ってところかな?

麻子の中学・高校・大学・社会人としての生活・恋、そして家族との関係、家族への思いなどが綴られている。
家族の中でも麻子にとって一番大きな存在は18ヶ月違いの妹の七葉
七葉への思い、彼女との関係性、自分の存在をあたかも七葉で見出しているかのようなそんな感じ・・やがてそれが変化していくのだ。

お店も家族もほんとうに存在しているかのようで…
麻子の視点で書かれているからか
まるで自分が麻子になったような気持ちになって読みすすんだ。

だから
とてもとても感想を書くのが難しい。

ひとつのNo.が終わるたびに次が読みたくなって
麻子がどうなっていくのかが知りたくなって・・・
期待を裏切らず
いままでの全てのことが大人の女性になるために必要だったと思える
素敵な最終章だった。

と〜〜っても不思議な感覚。
20〜30年前にこの小説に出会いたかったような気がしている。
いや、いまだからこそこんな気分が味わえるのかな?

大人の女性の入り口にいるひとたち
かつて女の子だったひとたち
そ〜んなひとが読めば
きっとこの小説から何かを感じ取れるのではないかな。

それぞれの過ごしてきた時間や思いによって
きっと受け取り方はそれぞれ・・・
そ〜んな小説に思います。

2011.01.10 Monday

映画「アリス・イン・ワンダーランド」

いまだ冬休み感覚の我が家です。

「アリス・イン・ワンダーランド」
いまさらですが見ました〜〜

148分と長めですが
不思議な世界にど〜っぷりとはまりました。

「不思議の国のアリス」が原作ではありますが
原作の雰囲気を十分に残しながらも
違うストーリー

アリスであってアリスでない?
そ〜んな感覚

ティム・バートン監督すばらしいなぁ〜〜〜

本編を堪能したあと
監督やキャストの話や映画作成裏の映像がとても興味深かったわ〜〜

[キャスト]
アリス<ミア・ワアシコウスカ>
マッドハンター<ジョニー・デップ>
赤の女王<ヘレナ・ボナム=カーター>
白の女王<アン・ハサウェイ>
[スタッフ]
ティム・バートン 監督
ダリウス・ウォルスキー撮影
・ラルストンケン シニア視覚効果スーパーバイザー
コリーン・アトウッド 衣装デザイン
ダニー・エルフマン 音楽


アリスの成長物語でありながら
帽子職人のマッドハンターの心のうち
赤の女王に従わざるをえない人々の行動
白の女王のその善の中に隠れたチョッピリの悪の部分
そしてそして
赤の女王の中にも隠れている善の部分
なんかね〜〜

十分に大人な私ですが
心の中を見透かされているような
不思議な不思議な感覚に陥りました。

「赤の女王」を救ってあげたくなっちゃったよ〜〜〜

気楽に見られて
でもほんの少し考えさせられて
なっかなかよい映画でございました。

2011.01.09 Sunday

新春コンサート〜〜

 昨日 友人のSさんのお招きで

区民でつくる演奏会
いっぽ・イッポ・み・ら・い・へ 
新春コンサート

主催:財団法人としま未来文化財団・豊島区

へいってまいりました。

指揮・総合プロデューサーは坂本和彦氏

演者
ソプラノ  市川倫子
テノール  井上了吏
女優・歌手 新妻聖子
三味線   杵屋五吉郎
筝     池田万里子
日本舞踊構成・振付
      花柳千代
踊り    花柳千代舞踏研究所
合唱 豊島区民合唱団
   ジュニア・アーツ・アカデミー
オーケストラ としま ユング フェスタ オーケストラ


一部は合唱団とオーケストラがおりなす曲目に
  新妻聖子さんをむかえての楽曲
 途中に指揮者体験コーナーも…

二部は「和と洋」のコラボレーション 筝や三味線、お囃子に踊り
 中学生たちの越後獅子の舞いも…

 二部後半はソプラノとテノールの響き

一曲演奏するたびに 指揮台から降りて
マイクを持ち説明する坂本氏なのでした。

お話も面白かったですし
30歳以下の選抜メンバーのオーケストラ演奏は共通していますが

合唱による音
マイクによるソロの音
クラシックのソロの音
和の楽曲にあわせたオケの音と踊り

さまざまな響きが味わえて
とても楽しいひとときでした。

やっぱり音楽好きだなぁ〜〜〜〜

豊島区在住在勤のひとだけなんだよな〜〜あの合唱団!
私の住んでいる地域にはなさそうだな・・・残念〜〜〜

一度オケと一緒に歌ってみたいな〜〜〜

2011.01.06 Thursday

韓国ドラマ「アクシデントカップル」

韓国α独自編成11話の吹き替えで見ました。

なんとヒロイン ハン・ジスの吹き替えをモー娘の高橋愛ちゃんが挑戦!
とっても素敵なジスの吹き替えだったんですよ〜〜
いまBSフジで放送されています。
全16話と元のドラマと同じ話数ですがCMの分カットされてますよね〜
でもって吹き替え?字幕?
どっちかな??
でもBSフジって朱蒙もそうだったけれど
ほとんど吹き替えだから 吹き替えだと思うのですが…。

主な出演者
ク・ドンベク<ファン・ジョンミン>
ハン・ジス<キム・アジュン>
キム・ガンモ<チュ・サンウク>
ク・ミンジ<イ・チョンア>
ハン・サンチョル<ペク・ソンヒョン>
チャ・ヨンギョン<チョン・ミソン>
キム・スンウン<イ・スヨン>
キム・ジョンウック/キム議員<チョン・ドンファン>
チェ会長<チョ・サンゴン>
チェ・スヨン<パク・ハソン>
ペク記者<イ・ヘヨン>
パク・ギョンエ<ヨン・ミジュ>

韓国映画ファンならば知る人ぞ知る芸達者なファン・ジョンミンがドラマ初出演で純朴な郵便局員を演じ
映画「カンナさん大成功です!」の主演女優キム・アジュンが人気女優ハン・ジス役を演じます。

最初は契約だった二人の関係が徐々に変わっていきます。
ヒーロー、ヒロインともに心根が美しいので
みているとコチラの心まで澄んでいくような感覚になります。

愛ってなんなんでしょうか?
恋する気持ちってどこで芽生えるのでしょうか?

相手を思いやる気持ちが大切なことは誰でもわかっているけれど
自分を守る必要があるときもある…
さてさて両立するにはどうすべきなのか!

そ〜んなことを韓国ドラマ特有の「家」というKWを中心に展開していっているように感じました。
自分の良心に恥じない生き方をしていれば
その先に待ち受けているものは幸せ

ドラマのようにはいかないとは思うけれど
そ〜んなことを感じたドラマでした。

ほんわかとさせれるラブコメ素敵なドラマです。



2011.01.05 Wednesday

韓国ドラマ「朱蒙」全81話

  BSフジで週一話ずつ放映されていました(12月最終回)
途中お休みのときもあったので
81週以上の長きにわたり観ていたことになります

吹き替えでカットされていたものでしたがとても楽しめました

最初の頃のどうしようもないチュモンにはあきれはてまして
どうなることかと思いましたが
お城から出たあとの目覚しい成長ぶり
オイ・マリ・ヒョッポとの出会い
実父ヘモスとの不思議な縁

お城にいたころからの鍛冶職人モパルモとの絆

どこか憎めない若者だった朱蒙が成長していく
そして
大業を成し遂げるまでの物語。

人の心をつかみ話さない人柄
自らの犠牲をいとわない勇気
姑息な手段はつかわず
正義を重んじるその心意気・・・
毎回気づきがありました

それにしても緑王子ヨンポ
損な役回りでございましたわ

韓国の時代物は
もうおなかいっぱいでござります。

【主な出演者】
チュモン(朱蒙)<ソン・イルグク>
ソソノ(召西奴)<ハン・ヘジン>
テソ(帯奴)<キム・スンス>
ユファ(柳花)[チュモンの母]<オ・ヨンス>
ウムワ(金蛙)<チャン・グァンリョル>
ヘモス(解慕漱)<ホ・ジュノ>
王妃[テソ、ヨンポの母]<キョン・ミリ>
ヨミウル[神女]<チン・ヒギョン>
ヨンポ<ウォン・ギジュン>
ヨンタバル(延陀勃)[ソソノの父]<キム・ビョンギ>
モパルモ<イ・ゲイン>
ムソン<クォン・ヨンウン>
プドゥクプル(不得不)<イ・ジェヨン>
ウテ(優台)<チョン・ホビン>
サヨン<ペ・スビン>
オイ(烏伊)<ヨ・ホミン>
マリ(摩離)<アン・ジョンフン>
ヒョッポ(陜父)<イム・デホ>
プヨン<イム・ソヨン>

イエソヤ<ソン・ジヒョ>
ユリ<アン・ヨンジュン>
ピリュ<イ・ジェソク>
オンジョ<キム・ソク>

ヤンジョン<ユン・ドンファン>
ヤン・ソルラン<パク・タミ>
ファン太守<オ・ウクチュル>

【脚本】チェ・ワンギュ、チョン・ヒョンス
【演出】イ・ジュンファン、キム・グンホン



2011.01.04 Tuesday

映画「インセプション」  サイコー(^_^)v

 2011年の開運キーワードは
「おいしい」「楽しい」「うれしい」!  by 李家幽竹

初詣のおみくじも大吉だったことだし
明るく楽しくいきます



新年一本目は『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督の大ヒット作品
「インセプション」 何度も観たくなる映画です。

2010年
監督・製作・脚本:クリストファーノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ<コブ/抜き取り屋>
   渡邊謙<サイトー/依頼主>
   ジョゼフ・ゴードン=レヴィット<アーサー/ポイントマン>
   エレン・ペイジ<アリアドネ/設計士>
   トム・ハーディー<イームス/偽造士>
   ディープ・ラオ<ユスフ/調合師>
   
   キリアン・マーフィー<ロバート/御曹司>
   マリオン・コテヤール<モル/コブの妻>

148分の大作ですが
冒頭部分からエンドロールまでがあっという間

コブの仕事内容、サイトーとの出会い、今回の依頼内容に成功報酬
今回の依頼で集めたメンバーの個性を織り交ぜながら
観ている側に法則を導入

サイトーの依頼という大きな命題とともに
コブの過去というミステリアスな部分
どちらも「夢」をキーワードとして飽きさせないストーリー展開

緻密におりなす法則にのっとった時間軸、世界観

ただのドンパチでない迫力画像
日本やパリの町並みの美しい映像も・・・

内容は見てのお楽しみ

おススメ〜〜〜

新年最初の映画鑑賞
最高でした!

2010.12.16 Thursday

「人生を幸せへと導く13の習慣」が実行できれば素敵なんだけどね!

 ベンジャミンフランクリンの「13の徳目」について
書かれている本です。

これを心がけて生活できればいいなぁ〜と思うんですけれど…

アマゾンの「なか身!検索」で付録,覇睛討気になります。
(本の画像orタイトルをクリックするとamazonに飛びます。)

12と13はちょっと??だけれど
11はものすごく胸に響き
1〜10は毎日心がけるべきことです。

みながこうなれば
世の中とっても過ごしやすくなるって思うんですけれどね〜〜

ということで
久しぶりの記事投稿!

韓国ドラマの視聴数は減ってますけれど見ています。
「朱蒙」が終わっちゃった!
「1%の奇跡」は素敵なドラマでした。

今クールは日本のドラマが面白くて
そちら優先
「流れ星」「フリーター家を買う」「ギルティー」「セカンドバージン」などなど

あとは以前から約束や申し込んでいた

映画「悪人」を観たり
紅葉狩りにも行ったり
ちょっとした学びもしたりしていました。

12月は何かと慌しい・・・
年明けぐらいから
またボチボチと観たもの読んだものの感想記事がかければいいなぁ〜〜
と思いつつの日々です。

          

calendar

<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

entry

comment

category

recommend

魔王 DVD-BOX 1
魔王 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

折角の放送がだ〜れかさんのために中断されてしまいました。
良いドラマだけにとても残念です。

recommend

私の男の女 DVD-BOX I
私の男の女 DVD-BOX I (JUGEMレビュー »)

理性だけでは人の行動ははかれない。感情なしには生きていけないのが人間なのだ。
そのあたりを描写するセリフが秀逸

recommend

復活 DVD-BOX 1
復活 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

復讐劇だけど切ない恋心も堪能できます(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜{恋心}

recommend

バンジージャンプをする
バンジージャンプをする (JUGEMレビュー »)

やっぱりこの映画が一番好きかも?!

profile

other